eye_style

トラッカースタイル・ダートトラッカー

トラッカー

SR400 スタイル 2015.3.25

最近のSRでは少なくなった印象のあるカスタムスタイルですが、まだまだ人気が高いです。

トラッカーとは

ダートトラックレース

土(ダート)の長円トラックで行われるスピードレースのこと。
ヨーロッパで発祥したようです。
トラックは1周400m(通称ショートトラック)800m、1,600mの3種類がありますが、日本では200m、400mといったかたちで競技が行われています。

日本ではフラットトラックとも呼ばれ、市販車をベースとした競技です。

商品画像

ダートトラッカー

ダートトラッカーとはアメリカで人気のモータースポーツです。
ダートトラッカースタイルとは上記のダートトラックレースで使用されるバイクのスタイルを真似たものです。

SRでいうダートトラッカースタイルとはアップハンドルに、ベーツライトのような小型ヘッドライト、エンジンヘッドの見えるチョッパータンクに、フラットシートやカウルの付いたシングル仕様のトラッカーシート、ハイポジション(アップマフラー)やローポジションのショートマフラー、スカチューンのことをいうのではないでしょうか。

本来のダートトラッカーとは、最低リアにディスクブレーキを持っていなくては正しくない。

SRだけではなく、ホンダFTR(再販版)等のようなリアブレーキがドラムではドリフト走行のキッカケづくりに適さず、不十分。
ダートラ(ダートトラッカー)好きに馬鹿にされそうなので、ドレスアップ重視のカスタムを希望されている方は、ダートトラッカーのスタイルを持つストリートトラッカーという位置でカスタムするように心がけた方が良さそうだ。

※オリジナルのホンダFTRはディスクリアブレーキです。

グラストラッカー

芝生などの原っぱでのレースです。
一周250mから400m位の線を引き、ペグを打って、シクロクロスタイヤを履いたピストで普通のピスト競技を行う。

ストリートトラッカー

街中を走る目的で乗車するのだが、ダートトラッカーのスタイルを真似てカスタムしたバイク。
TW、ホンダFTRで若者を中心に大ヒットしたスタイルで、シングルエンジンを搭載していることが多い。

ビンテージトラッカー

製造年の古いダートトラッカーバイクのことをいう。
このスタイルを真似たバイクをビンテージトラッカースタイルとし、日本では、その昔はシェブロンというカスタムショップを中心に普及した。(※現在シェブロンはバイクビジネスを打ち切りました。)

やっぱりSR400/500が大好きだ|SR400 カスタムのすべて

関連記事

eye_style
2015.3.25
ロッカーズテイスト・ロッカーズスタイル
eye_style
2015.3.25
カフェレーサー・カフェスタイル

Categoryニュースカテゴリ